マスターグレード準備室
<管理人の割と忙しい週末>  マスターグレード研究所(http://mggundam.fc2web.com/)に公開前の作例暫定紹介、インプレッションページ、管理人が購入した様々なもののインプレッション
E75 北(東)スタート
9.22

 今回のE75で北極圏は両サイド終了ですね。

 全マップまで、まだまだあるなぁ~

 Loweの時もそうだったけど、重戦で出撃すると、撃破されてガレージに戻るか、敵重戦を倒して陣地に戻るか、どちらかのパターンが多い。

 敵の背後から味方が来るまで粘るってパターン、すごく少ない気がする・・・

 H9ポイントの上下ルートを制圧できる台数味方が居ない場合、

『無理に突っ込んじゃいけない』

『ルートの分岐ポイントより先に行っちゃいけない』

 取り合えず、2点を意識しとけばいいんじゃない? 

 可能なら、ベスポジまで戻れればいいんですが、一旦崖(山?)の麓まで進んでしまうと、まず、戻れない。
味方が、北ルートを制圧するまで、とにかく耐えるしかない。





テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

ハピネット・オンライン

jagdtiger 西スタート
 暴風 jagdtoger 西スタート

 経験から、街を十分に制圧するには、6両程度必要です。 とは言え、敵も同数いればですが。

 6両の内訳は、当然ですが、堅いほうが良い。


 多くの場合、重戦車と重装甲駆逐、合わせて6両に満たない場合、敵味方とも、そのうち数両が街に行かない場合が多い。

 砲塔が回転しない駆逐は、なるべくMAPの外から攻めて行くほうが良い。


 今回は、味方が強くてあまりする事がありませんでした。






テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

ハピネット・オンライン

IS3 北東スタート
 IS3 暴風 北東スタート

 「重戦車なのにTierボトム・・・(-_-;)」


 そんな事がよくあります。

 今回もそんなケース。 そんな場合、大抵軽中戦車が少なく、中軽戦車が制圧すべき場所が薄くなります。

 味方もTireボトムの自分に期待しないでしょう。 例えば、自分が、E100、Type5Heavy に乗っていたとして、敵の同じ戦車に囲まれIS3もその中にいたとしても警戒しない。

 死を覚悟したら、真っ先に狙いますが・・・


 話を戻しますと、そんな場合、そこそこの機動力があるなら、軽中戦車風に行動すると良いです。
敵の中軽戦車も定番ポイントに来ない可能性が高い。

 が、敵Tireトップ重戦が、そんな行動を予想して出現する事があります。
その時は、味方に期待しましょう。





テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

ハピネット・オンライン

G.W.Tigerp 東スタート
 飛行場 G.W.Tigerp 東スタート

 後方から撃つ自走は、やがられます。
今回は、どこにいると撃たれ易いのか確認してもらおうと思います。

 見てもらえば、・・・と言うか、どこにいれば撃たれるか、大体わかっていると思います。

 わかっているのに、なぜそこにいるのか…


 移動したい場所に行けない(行きたくない)のはなぜなのか・・・ そこに行くためには、どの敵が邪魔なのか・・・

と、考えれば、どこを警戒しつつ、どこから崩せばいいのか見えてくると思います。


 不用意に敵の自走弾を食らってくれる味方は、他の味方にとってありがたい存在ですが、

『もうちょっと回避行動をとればいいのに・・・』

 そう思ってしまう。



テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

ハピネット・オンライン

jagdtiger 北スタート
 jagdtiger  北スタート

 南スタートと違って、1,2Lineは 『通行料を取ったら別の場所に移動』 という戦法が使いにくい。

 E3、F3ポイントを敵に取られると、ベスポジに移動しようにもノーダメージで進めず、ポジションに入ったとしても、H1、J1に潜伏してるだろう敵を警戒して、戻れなくなってしまうのです。

 反対に敵は、1、2Lineに動きがないと判断し、別のポジションに移動できます。


 なので、1、2Lineに進むか否かは、敵軽中戦車がE3、F3をスピード制圧するか否かで判断しています。
味方軽中戦車がE3、F2に突っ込んでくる敵を警戒する動きがない時は、とっとと諦めます。

 が、警戒する味方が居て、敵も突っ込んでこない場合、戦力的に自軍が不利になるので、1Lineは、いかないほうが良いかも。





[jagdtiger 北スタート]の続きを読む

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

ハピネット・オンライン

copyright © 2005 マスターグレード準備室 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.