マスターグレード準備室
<管理人の割と忙しい週末>  マスターグレード研究所(http://mggundam.fc2web.com/)に公開前の作例暫定紹介、インプレッションページ、管理人が購入した様々なもののインプレッション
将官とは 【戦場の絆】
 以前ホームで知り合った大将殿と、最近良くバーストする機会に恵まれてます。

 昨日リボコロニーでバーストしたんですが、押さえるポイントを聞いてからは、どちらか1戦は勝てるようになったんです。
 それまで全く勝てなくて、リボBが実装されるまで『アレックス支給条件30勝をどうやってクリアしたら良いんだよ!( #` ¬´#) 』とキレそうでした。

 今じゃ、アレックスは給されたものの、BD2の方が使い勝手が良くて乗っていないんですが…バンナムさんよぉ、なんて事してくれたんだ…ε-(ーдー)



 で、時々PODの中でプレイを見せてもらってます。

 私が見ているので聞こえるように声を出して呟いていると思うんですが、アンチ、護衛の押さえなければいけないポイントや味方のまずい行動を指摘。 

 とても勉強になります。

 ラグビーを経験していたと言う事で、防衛ラインの張り方やプレッシャーのかけ方等、立ち回り方が実にうまい。

 格闘機乗ってて、タンクに指示出しちゃいます。(Aクラスで出撃した時なんでタンクの動きに不満だったんでしょうけど…)

 初めは、右へ左へと移動しつつガッツリ敵を獲らない事が理解できなかったんですが、最近ようやく、少しわかるようになりました。 

 見てて残念なのは、野良出撃してマッチした味方がその行動を、私と同様理解できていない事。

 一緒にPODに入ってゲームの進め方を見ていると『この味方がもう少し押してくれれば…』と言うように感じる事が多いんです。が、野良で出撃したら多分私も半分理解できるかすら怪しい…

 例えば、味方タンクを砲撃地点まで進める為にラインを上げて砲撃ポイントを制圧しなければいけないのに、敵の枚数或いは実力が上で誰も前に出ない時。

 こんな時Aさんは(大将殿をこう呼ぶ事にします)例え高コスト機に乗っていたとしても、『群がってきた敵を引き付ければ拠点を落とせるし、数的有利にもっていける』と言う考えから前に出ます。
「こいつが(低コスト機を指して)出てくれればいいんだけど、誰も行かないんだから俺が出るしかないよね。」と。

 (この時はAクラスで出ていた時なので、『ある程度複数機を相手にできる』と言う自信があってだと思いますが…)

 残念ながら味方がその考えを読めず、落とされるのを指を咥えているだけの場合があり、そん場合は『やらかす』と言う状態になってしまうんですが、拠点が落とされるのを遠くから散発的にマシンガンを撃ち、負けるのを待つより逆転を狙って前に出た方が良いでしょ。と。

 リプレイ見ると『高コスト格闘3落ちしやがったから負けた』的に映りますが、PODから見ていると負けは決まっていて、大差か否かだけなんですね…

 そして、1回やらかして階級が落ちると、味方の戦略の理解度が下がり、更にやらかす確率が高まってしまい、先日会った時は大佐でした。

 で、私らとマッチングできたんです。

 でも、このAさんは将官だったので、めっちゃくちゃ上手いです。

 やらかしたとしても、昇格条件クリアを狙って出撃すれば大将に戻せると思うんですが、昇格よりチーム勝利にこだわるAさん。

 この辺りが叩き上げ将官と言うか、職業軍人的資質…ガンダム登場人物で言えば、『私の出撃10分後に降伏しろ』といってビグザムで出撃したドズルザビなんですよねぇー

 友人と話していて気付いたんですが、ニコニコ動画やwikiで批判する方って、将官のあり方としてシャア、アムロレベルのエースパイロットを考えてますよね? やれジムライ偏差撃ちがどうだとか、置きハングレがどうのと…

 私もそんな風に考えてました。

 徹底的に勝利にこだわり自分の犠牲をいとわない… 本当の将軍とはこういうものでしょうか?

 とても驚きました。

 そんなAさんとバーストして出撃し指導を受ける我々が行きつくのは、当然シャア、アムロではなく、ランバ・ラル?

 ラルさん・・・ですか・・・ 嫌ではないんですが・・・(・・;)

 残念ながらMS操縦技術が半人前の私は、バーストしつつ立ち回りを考えて行動するとグタグタ… 指導がとてもありがたいし受けたいのですが、テクを磨かなければと思う今日この頃…

 みんなこんな理由から『サブカ作るか…』になっちゃうんでしょうか?

テーマ:機動戦士ガンダム 戦場の絆 - ジャンル:ゲーム

ハピネット・オンライン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マスターグレード準備室 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.