マスターグレード準備室
<管理人の割と忙しい週末>  マスターグレード研究所(http://mggundam.fc2web.com/)に公開前の作例暫定紹介、インプレッションページ、管理人が購入した様々なもののインプレッション
走りに行きました
 4/14土曜日、筑波サーキットジムカーナ場に走りに行きました。
朝起きると、前日の激しい風と雨は収まっていましたが、まだ降ってきそうな雰囲気・・・予報は回復に向かう筈ですが・・・

 さて、マシンに乗り込み、途中、吉野家によって腹ごしらえ。筑波サーキットの時はいつもここに寄ってます。ゆっくり飯を食ってお茶をすすりながら、ふと時計に目を移すと6:30。
 長居しすぎました。受付開始まであと30分。全開で飛ばします。

 で、5分前に辿り着きました。ちょっと飛ばしすぎです。(^^ゞ
久しぶりで、いつものペースを忘れていました。

 天気は回復に向かっており、コースは乾きつつあるなか、荷物を降ろしていると、現地集合の約束をしていたiさんが到着しました。

 で、練習会だと言うのに『慣熟走行』なるシステムが導入されていました。これは、走行前のコース歩行でコースを覚えられない方の為に行う『試し走り』のようなものですが、大抵の場合2本しか走れない本番前に、1本、設定されているもので、練習会で設定されているのは初めてです。
 ちょっと違和感がありましたが、実はあって良かったと思わせる出来事が有りました。 

 コース設定時から、オフィシャルの不慣れそうな仕草が気になっていました。
 我々はかなり早い時から申し込みをした事もあり、4グループの第1走行グループで、ぎこちないながらも彼らは、慎重に仕事をこなしていましたが、第二グループに入り、走る方も、彼らもだんだん慣れてきて、慎重に行っていた為に遅れてしまったタイスケを『少しでも回転を早くしてオンタイムか先行させよう』と考え始めてきたと思うんです。
 考えは悪くないし、走る方としては、そうあって欲しいのですが、スタートタイミングがだんだんと、前走車にオーバーラップし始め遂に、あわや正面衝突!
 慣れた走者なら、状況からスタートをわざと遅らせるのですが、その時、スタートラインに付いていたのは初心者だった・・・コースを全開でコーナリングしてくるマシンの脇を全開で加速するマシンがすれ違う・・・

 そんな事が2度ありました。

 『おいおい、レースだって同じ方向に向かって走るのに勘弁してくれよなー』 思わず口に出た私の言葉に皆苦笑です。(ーー;)
 その後は改善されましたが。 この『慣熟走行』はオフィシャルの為だったのだろうと・・・

 さて、前回は晴れてはいたものの寒かった為か、タイヤが食わず、また、ドライブシャフトトラブルも出て全く楽しくなかったのですが、今日は楽しかった(o ̄∇ ̄)o

04140003.jpg


 写真はコース全体を、右端から撮った3枚の写真から合成したものです。筑波サーキットジムカーナ場は、こんな所です。

 写真中央右奥が、本コース最終コーナーです。写真左側に写っている倉庫風の建物は民間工場のもので、筑波サーキットとは関係ありません。

テーマ:ジムカーナ - ジャンル:車・バイク

ハピネット・オンライン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マスターグレード準備室 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.