マスターグレード準備室
<管理人の割と忙しい週末>  マスターグレード研究所(http://mggundam.fc2web.com/)に公開前の作例暫定紹介、インプレッションページ、管理人が購入した様々なもののインプレッション
龍が如く5
 龍が如く5買いました! 予約特典『龍歌』付です。 

PC080033.jpg

 インストールが終了すると、ムービーが始まり30分位、する事がありません笑い

 今回は、ディスク容量が足らなくて前作のダイジェストはHPで見る事になっているらしい。

 その為か、前作まではオープニングムービーで搭乗人物がしゃべるシーンの多くは、○ボタンを押して字幕を表示させて、『プレイヤーが読む』形式でしたが、龍が如く5では、ほぼ全て、登場人物がしゃべります。

 なので、しばらくする事が無いんです。(´∀`)












 PS3に、龍が如く3、龍が如く4のセーブデータがあると、特性あさがおマフラーと、札束が貰えます。装備する事で防御力が上がりエンカウントバトルが少し有利になります。



 早くエンカウントバトルさせてくれーヽ(`Д´)ノプンプン


 オープニングのテーマソングを氷室さんが歌うと言う事で、龍が如く3の様なオープニングを期待していたのですが、なんだかよく聞こえません。

 BGMの方が音が大きく、歌をBGM風にアレンジしている?のか、歌詞がはっきり聞き取れないんですよ。
 よく聞かないと、歌が入っていると分からないでしょうねー




 残念です。




 予約特典の龍歌を聴くと良いのかもしれません。(まだ空けてません)


 ストーリー展開に付いてはあまり触れ無い事にして、桐生さんの3章まで進めた感想を・・・


 エンカウントバトルは、龍が如く4のシステムを受け継いでいるようです。 技を覚えるペースが速くて助かります。

 町を歩いていると、毎度の様にからまれるんですが、残念な事に声が聞こえるけど一体どいつが相手が分かり難い。

 龍が如く4までは、『おい、こらー』 の様にからまれた場合、足を止めていれば相手が寄って来るのですが、龍が如く5では、相手を見極め、かなり近づかないとバトルに発展しません。難易度HARDでもです。

 敵の守備範囲が狭いみたいです。

 そうそう、トロフィークリア条件に『NORMALでクリア』ってのがあるので、始めはNORMALが良いと思います。HARDだと、スウェーを使いなれないとタコ殴りに合います。


 私はHARDでやってますけどね。

 
 敵が攻撃してこないと発動できないヒートアクションがあるので、HARDが良いんですけど、敵に囲まれると決めにくいヒートアクションもあるので、始めはNORMALが良いでしょうね。 
 多分、『全てのヒートアクションを決める』って言うトロフィー条件があるでしょうから・・・
 

 桐生編は福岡が舞台で進み、当然登場人物も福岡弁?を話します。 そして字幕も福岡弁。 字幕は標準語にしちゃえば良かったのに・・・シャレで。( ´,_ゝ`)プッ



 さて、龍が如く5でのヒロインは片瀬奈々さんです。


 で、テレビで見るよりかなりイケてます。(^◇^) 胸がかなりデフォルメされていてナイスバディーです。

 これは本人の希望だったりして・・・うーん


 桐生さんは福岡でタクシー運転手をしています。

 ある事件がきっかけで、走り屋集団とレースになるのですが、『レースゲーム』『SEGA』と言ったら『デイトナUSA』ですよね!?

 レース開始シーンがそれを意識した雰囲気になっているのですが・・・ ボタンプッシュでドリフトが出来たり・・・ある地点に差し掛かると自動でヒートアクションが起こったり・・・残念ながら少し残念な感じです。
 マシン(タクシー)をカスタマイズして行くと、らしい感じになって来るんでしょうか?


 それと、慣れるまで、送迎ミッションが超ムズイです。と言うか、操作が忙しい!


 それと、龍が如く4でハマったのが、オンラインランキング。

 体力が無くなる迄に何人敵を倒せるかって言うランキングで、冴島大河でかなり良い所まで行ったので、今回も無いかなぁ~と考えていたのですが、今のところ無いみたい。

 12/11から毎週、計8回の追加コンテンツのダウンロードがあるらしいので、後々追加されるかもしれません。


 

テーマ:龍が如く5 - ジャンル:ゲーム

ハピネット・オンライン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マスターグレード準備室 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.