マスターグレード準備室
<管理人の割と忙しい週末>  マスターグレード研究所(http://mggundam.fc2web.com/)に公開前の作例暫定紹介、インプレッションページ、管理人が購入した様々なもののインプレッション
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピネット・オンライン

始まりはレンタルビデオショップ 3
DVR-A12J-W
購入したドライブはこちら。

 さて、ドライブを購入し、古いほうのドライブと入れ替えてセット。
視聴してみるとなんと全く変化がない!

 我慢して見終わった後、どーしても直したくなりネットを彷徨っていると、バイスマネージャーのセカンダリIDEチャンネルで表示される転送モードが「PIOモード」なる状態だと「DMAモード」より処理速度が遅く、音飛びするとの記述を発見。

 早速確認してみると私も「PIO」だった。 余計な出費だったか・・・

 変更して再起動&再試行・・・変化なし。
 転送モードを確認すると「DMA」になっている。 おかしい・・・そんな筈は・・・

 再びネットで先日のページを見ると「DMA」には0~5まで6モードあるらしく
0~2がUltra DAM/33 
3、4がUltra DAM/66
5がUltra DAM/100 になるようです。
6は多分 Ultra DAM/133 になるんじゃないかな。

 転送モードはレジストリで確認できるそうです。
http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/46/50889246.html

 確認してみると、セカンダリ(CDドライブ側)は 66 とますまず・・・ コマ落ち音飛びは『CyverLink PowerDVD Ver6』のせい?

 念のため、プライマリ(HDD側)を確認・・・なんと 33! 異常に低い! 

 転送速度はハードの構成内容から自動設定されるらしくPCの構成を確認すると プライマリは133 出てもいい筈・・・

 参考にしたHPの管理人もこれには苦労したらしく、最終的にプライマリIDEドライバの更新で対応したとあった。

 試してみる事にした・・・この決断があんな事になろうとは・・・

テーマ:PC不調 - ジャンル:コンピュータ

ハピネット・オンライン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マスターグレード準備室 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。