マスターグレード準備室
<管理人の割と忙しい週末>  マスターグレード研究所(http://mggundam.fc2web.com/)に公開前の作例暫定紹介、インプレッションページ、管理人が購入した様々なもののインプレッション
ジャイアントゴーグ
 今日は、古いアニメの話題をちょっとだけ・・・


 ジャイアント・ゴーグ って知ってます?


 1984年に放映された冒険ものアニメです。

あまり人気が無かったのか、再放送が少なかったように感じますが、私は毎週楽しみに見ていました。

今見ると、割と人が死ぬので、社会的にちょっとまずいと思わせる規制らしきものがあったのかもしれません。

 PB080121.jpg

 先日、オークションで思いがけず程度の良さそうな品が出品されている事に気付き入手しました。

 我が家はまだLDプレイヤーがあるんですよー 










 古いアニメになると、テープの劣化で放送に耐えられない事が多いらしいです。


 販売されているDVDの多くはLD化されたものからDVD化されているらしく、オリジナル度はDVDより上だと思います。

 最近、HDリマスター版なんてDVDも出てますが、残存LDプレイヤーが少なくなった今では、在庫処分をするストアや、DVDに切り替えるコレクターの放出品があり(落札価格を競り合う事も減りました)、格安でLDを入手する事ができ、密かにコレクションを続けています。


 プレイヤーが壊れたら怖いです。 あっという間にゴミになるので・・・

 
 ディスク自体がでかくて、ライナーノーツやケースも大きいのですが、価格に見合ったボリューム感が私は好きです。 しまうスペースに少々苦労しますが・・・


 ざっくりとストーリーを話しても・・・いいよね? もう見れる方も少ないし。
 第1話で必ず主役メカが出てくるアニメに見慣れた人が見ると、だるく感じるかもしれません。



 ある時、南太平洋の小島付近で大規模海底火山の噴火が起こります。
 地殻変動を伴った火山活動は近くの小島を取り込み、比較的大きな島(オウストラル島)が生まれました。

 イメージで言うと西ノ島のイメージです。

 西ノ島の活動が活発になって旧島と1つになった時は、もしかしてアニメと同じ事が起来たりしないか、ドキドキワクワクでした。


ま、あり得ないと思ったけどね。



 しかし数年後、島は世界中の地図から消えてしまうのです。


 島を研究していた主人公の少年(ユウ)の父が事故で亡くなり、身寄りのないユウはアメリカにいる父の研究仲間を訪ねます。

 火山活動によって隆起した台地は、およそ3万年前海上にあった事を研究によって知った父は、事故に見せかけて殺されたらしい事を知ります。

 地図から消えたのは、島を実効支配する巨大企業GAILが秘密を独占する為、世界各国に働きかけたからだったのです。


 少年は仲間とともに島に向かう事を決意。 船で向かう途中、謎の怪物に襲われ沈没、少年は島に漂着します。 


 島で少年を待っていたのは、原住民が青い巨神ゴーグと呼ぶ、地球の科学力では到底作る事が出来ないガンダムサイズの自律型ロボットでした。


 ゴーグは、ユウを島のある場所に案内を始めます。


 そのある場所とは・・・ 異星人の遺跡?だったのです!!  

 

 異星人は、島の地下深くで人類の成長を3万年間待ち続けていたのでした。


 彼らは、『我々が生きていくには原住民を力で制圧すべき』 との考えを持っていましたが、ゴーグは人類と共存を模索し、離反した異星人のロボット(ガーディアン)だったのです。

 

 施設には、異星人の代表らしき人(マノン)が少年を待っており、彼もガーディアンを持っていました。 どうやら異星人は1人1対のガーディアンを持っているようです。

 マノンは、ユウとガールフレンドのドリス、かつての同胞のガーディアンに会い、共存すべきか、制圧すべきか揺れていました。



 そして、対話により共存に傾き始めた時、GAILが遺跡の入り口を破壊し、強引に侵入してきたのです。


 その行為は、共存に傾いていた心を逆の方向に傾けるのに十分でした。


 圧倒的攻撃力でGAILを掃討するマノンのガーディアン。 逃げる彼らに執拗に攻撃を加えます。



 更に、眠っていたガーディアンを起こし、無数のガーディアンでGAIL基地に報復に向かう!


 あらゆる攻撃を持ってしてもガーディアンの進行を止める事は出来ません。

 GAILは敗北を認めますが、事態を収拾する手がありません。
 コロニー落としの阻止限界点を超えた状態です。 このままでは地球が異星人達に制圧されてしまう!


 ユウは、たった一人、ゴーグと共にで阻止に向い、必死の呼びかけでマノンとの対話に持ち込みます。




 マノンは言いました。


『出会いに備えて3万年生きる事を選択した私の同胞たちは、火山の大規模噴火により全員亡くなった・・・ しかし、共存を模索し出て行った者たちは君の中に生きている。私は間違っていた・・・』 と・・・

 ユウは、離反した異星人の血を引いていたのです。



 さて、圧倒的攻撃力の無数のガーディアンがGAIL基地を襲っていると報告を聞きいた、島を地図から消していた世界各国代表達は、協議の結果、核ミサイルにより島ごと地球上から消す決断を下します。

 
 攻撃を阻止しようとするGAILは、『世界規模で行われる核実験』とカモフラージュされたこの作戦を中止しなければ、一般回線で全世界にこの状況を公開する!と代表達を脅しますが、島は大規模通信妨害を受け失敗。


 覚悟を決めた人々は島に残り、降り注ぐ無数の核ミサイルを見上げます!


 しかし、異星人の超科学力により、攻撃は完全に無力化されたのです!



 異星人達は、文明を持った人類との接触がこのような結果を迎える事を予想していました。

 そして、島に残された全てのエネルギーを利用した火山の爆発により、島は再び海に沈むのでした・・・








 そんな訳で、1話から見始めて先日全て見終わったのですが、小さい頃見ていた筈が、ところどころしか記憶に残ってないんです。


そんな昔の事だったんだなぁ~ 


 ドリスちゃんがかわいいんだわぁ~ 

 最後の方にちょっとだけエッチなカットがあったり。 この頃は規制が弱かったんだなぁ~
 
 また、今見ると、ちゃちさを感じる異星人の遺跡に登場する無人ロボット達に時代を感じる・・・

 そう言えば、量産タイプのガーディアンは頭部センサーのデザインが全て微妙に違っており、ガンダムWのマグアナック隊MSに影響を与えている・・・かな?

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

ハピネット・オンライン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マスターグレード準備室 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.