マスターグレード準備室
<管理人の割と忙しい週末>  マスターグレード研究所(http://mggundam.fc2web.com/)に公開前の作例暫定紹介、インプレッションページ、管理人が購入した様々なもののインプレッション
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピネット・オンライン

4月のicc
P4250166.jpg


 先月、追加メーターの配線を変更した結果、2週間放置してもバッテリーが上がらなくなりました。v( ̄Д ̄)v イエイ

 しかし、エンジンを切った際、たまに追加メーターの針がZEROに戻らず止まってしまう事があります。

 ピークホールド・・・というか、ファイナルホールド? 電源を食うわけではないので良いんですけど…


 さて、サイドターンの成功率がいまいち安定しないと言う悩みがあり、前回のイベント後、Z車両規定にすることを決心したので、ガレージBBから販売されているスーパーロックンブレードを付けてみました。

 まず、タイヤを外し、キャリパーについているオペレーティングレバーのスプリングを外します。



 これは簡単に外せました。


 次に、オペレーティングレバーを外し、交換するわけですが、ちょっとした落とし穴がありました。

 事前にネット上をさまよい、サイドブレーキの構造をチェックし、単純に引き抜いて付け替えるだけだと思ってました。

 実際、引き抜いて差し替えるだけでしたが、外し方と取り付けに注意が必要でした。









 ノーマルと比べてみると結構違います。

P4110160.jpg


 さて、バネを外した後、真ん中のナットを外します。 結構固く締まっているだろうと覚悟して、スナップオンのスピンナを用意していましたが、どうと言う事はありませんでした。

P4120162.jpg

 で、オペーティングレバーを外すのですが、2パーツの上側は、マイナスドライバーでこじれば簡単に外れます。 もちろん、556を吹きつけます。

 そして下側を外す時、同じようにドライバーでこじる際、中央のボルトを上に引き上げてしまうと、先端に付いているスラストピンが、サイドブレーキレバーを引いた時に動作するカム部分から外れてしまうようで、再び奥まで差し込めなくなってしまうんです!!


詳しい構造はこちら
勝手にリンクしたのでリンク先がなくなるかもしれません。


 そのまま、オペレーティングレバーを交換し、ワイヤーを取り付ける事が出来たとしても、オペレーティングレバーはほとんど動かず、サイドブレーキ機能は失われてしまいます。


 なので、引き抜かないように注意しつつ外すか(至難の業です)、あきらめて取り外した後に、ブレーキキャリパーを取り外し、ブレーキピストンを回しながら、スラストピンが収まる良い位置を探しながら、押し込む様に取り付けることになります。


 この方法で私は上手く行きましたが、最悪、キャリパーのO/Hが必要になるので注意が必要です。





 さて、早速翌週iccに持ち込み試してみると、サイドブレーキの遊びを全く気にする事無く確実にキメる事が出来るようになりました。v( ̄Д ̄)v イエイ


 ちょー楽しいです。



 今日は、パドックの隣にたまたまRX-8さんがいました。

 ここに来るのは初めてだという事で、同じマツダ車だし、ロータリー車だし、いろいろ話したのですが、驚いた事にここに来た目的が私と同じで、オペレーティングレバーを付け替えたので、調子を見に来た事だったんです!


 そんな偶然に驚きです。


 サーキットをメインに走られている方らしい。


 うーん・・・ サーキットでサイドは使わないと思うけど・・・ ドリフト?  その辺聞いてみると、 『ジムカーナで早い人はかっこいい、サーキットでも早いんじゃないか?』 と思い、練習に来たらしい。


 少々走りを見ていると、サイドがあまりロックしていない様子。 タイミングを見て話を聞きに行くと、あの状態でも 『以前よりだいぶ楽になった』 らしいんです。


 同じパーツを付けた私と効果が大分違うので、 『きっとパットのせいかなぁ~』 と思いながら、さらに話を聞いていると・・・ 



「えっ!? サイド引く時ってクラッチ切るんですか Σ(゚◇゚;)マジデッ!?」 



と言う衝撃発言が飛び出し、 


「引くタイミング的なものを見せてもらえますか?」 



と言う話になり、彼を助手席に乗せてドライブ。



「足とレバーに注意しとけば良いんですよね?」



 と言う事前確認後、走り始め、走行後・・・ 


「こんな感じです。どうです?」 



と聞くと・・・



「うーん・・・ 正直よくわかんなかったです。 『ん? 今クラッチ切った?』って言う感じで殆ど切ってるか分かんないです。」



と。 (∀`*ゞ)テヘッ 



「なんであんなに一瞬なんですか?」


の質問にいろいろとノウハウを伝授して、その後何度か練習されて、am走行の最後のほうで、何となくタイミングが分かったらしい。


 サイドターンは慣れなんで、繰り返すしかないですねー  1日走れば何となくつかめるでしょう。 残念ながら午後は用事があるらしく途中で引き揚げて行きました。



 マスターできずに帰られたのが残念。




 さて、私の目的はもう一つあり、練習で使用しているタイヤを煙に変える事もその1つ。


(この煙に変えるってフレーズ、なんかかっこよくない? お気に入りの言葉です)


 で、午後もせっせと走り、そろそろ煙になったかなぁ~とタイヤを外して確認していると、向かいのパドックにいたBRZのわかーいにーちゃんが(写真に写ってるブルーのBZRのにーちゃんです)


『FD大好きなんですよー買おうかすごーく迷ったんですが、おじさんがBRZを趣味で買って、好きに使っていいよ~と言う事で乗ってるんですがー』 


と話しかけられ、 



『なんだかすげー音してますけど、特殊なチューニングしてるんですか?』 



と言う話に・・・ どうやら、チューニング雑誌をよく読む若者のようです。 


 今となっては貴重な若者だぁ~ マフラーだけと知って目を丸くしてました。(^ω^)


 彼のマシンは、おじさんの車なのでまだまだノーマルっぽかったですが、BRZはサイドブレーキがインナーシュータイプなのでそこそこ走れるらしい。


 LSDを組みたくて、でも、自分の車じゃないしと悩む、なかなか大胆な走りをする、今後伸びそうな彼でした。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

ハピネット・オンライン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マスターグレード準備室 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。