マスターグレード準備室
<管理人の割と忙しい週末>  マスターグレード研究所(http://mggundam.fc2web.com/)に公開前の作例暫定紹介、インプレッションページ、管理人が購入した様々なもののインプレッション
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピネット・オンライン

生きてますよね?
 こんばんは。 大分放置してしまった・・・

 毎日暑い日が続いていますが、お元気ですか? 私は、毎日眠いです。(-_-;)


 さて、今日は街で見かけた『えっ!?』な話を一つ。

 
 話の背景から話しますと、4年前になりますかねぇ~ 車、盗まれたんですよね。

 で、その後何をかおーかなぁ~ と、3か月位、車なし生活を経て、RX-7を買ったんです。
そして、もう、セキュリティーなんて言葉全く考慮していないアパートの駐車場に車を止めることをやめ、ちょっと離れた屋根付きガレージに車を保管する事にしたわけです。







 保管場所までは自転車で15分くらい。

 熱い時、寒い時、雨の時は車に乗りに行くことが結構面倒に感じますが、盗まれるよりいいです。

 因みに、警察からは何の音沙汰ありません。


 昨日、暑い中、車に乗りに自転車を漕いでした時のこと。 アパートの前の道から車通りの多い道に出ると、なぜか駐車場方向にすごく渋滞しています。



『うーん・・・ 事故だろうか、工事だろうか・・・』




 反対車線は空いています。 時刻は、13:30頃。 この道が渋滞するにはちょっと早い。



 そして、通りを川に向かって下っていきます。 ペダルを漕ぐ足を止めて、慣性で川まで下っていくと、時々冷たい風の層を横切るときが気持ちいい。




 下りきって登りです。


 自転車は車道を走らにゃならんのですが、狭いのでいつも歩道を走ってます。 すげー幅寄せされるしね。


 渋滞している車道を右に見ながら・・・


『オラオラオラオラオラオラオラ!

 どけどけ、どけどけ、邪魔だ邪魔だぁ~』
 
Byいつもここから



 調子に乗って、渋滞にはまっているフェラーリをぶち抜きます!


 右左右左… タイミングよくペダルに力を込め坂道を加速させていくと、信号が見えてきました。 青です。







『ウォー あの信号を渡ってしまいたい!!!』








 さらに加速させていくと、青信号なのに停車したままの軽トラが見えてきました。 その前に車はいません。







『こいつが渋滞の元凶かぁー』








 すぐ後ろまで迫りました。 相変わらず動く気配がありません。





『何してんだぁ~ 故障して車を離れたのかなぁ~』





 そのまま、軽トラを追い抜きながら、運転席をのぞき込むと・・・





『ゲッ! Σ(゚□゚;)』














『オヤジ、寝てる(;・∀・)』








 カーキ色のズボンにランニングシャツを着た野良仕事帰り風のオヤジが、ヘッドレストに頭をのけぞらせて、でかい口開けて寝ています。 どうやら窓閉めてエアコンかけているみたい。




 熱くて夜寝れなくて、睡魔に負けたんですかね~


 農家は、日が昇る前の明るくなりかけの涼しいうちに野良仕事に出かけ、昼前に帰って一休み。 日が沈むちょっと前から暗くなるまで仕事するから・・・ (俺の子供の頃はそうやっていたと記憶しているけど・・・)




 


『このやろぉー 起こしてやろうか?(´・ω・`)』







 その時、対向車が切れ、軽トラの後ろに並んでいた車が、そ~と軽トラを追い越していきました。
それを見て・・・







『あぁ・・・ オヤジがいつ気が付くか・・・
 気づいた時の反応を考えると面白いかも?(*^_^*) 』


 それに、黙って後ろに並んでいたみんなからの、ささやかな仕返しだよね?







 そう思って、









放置!( ー`дー´)キリッ








 したんですが・・・






 まさか、死んでいたりしないよね?(・・;)

 けっこう歳いってそうなオヤジだったので、ちょっとだけ心配。 



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

ハピネット・オンライン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マスターグレード準備室 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。